放射線科のご案内

 MRI(磁気共鳴画像診断)によって、脊椎においては椎間板ヘルニア、膝関節においては、半月板や靱帯の損傷、あとはレントゲン写真でわかりづらい骨折を診断することが可能です。

 卓越した診療放射線技師3名がレントゲン写真、MRIの撮影を行っています。
全員が、日本放射線技術学会、日本放射線技師会に所属し、日本磁気共鳴医学会、MR研究会等、各学会への積極的な参加により、最先端の技術を学ぶとともに日常の診療において患者様のために努力しています。